読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール大学

元酒造会社インターンが書くビール情報と雑記。

新入社員必見!!花見を盛り上げる!?できる男のクラフトビール活用術!!

f:id:beeruniv:20170328115342j:plain

 

花見の季節がやって来ました。

 

社会人の場合は、

 

社員同士、入社後はじめてのイベント、

 

学生の場合は、

 

サークル、ゼミ、部活仲間、、、

 

などなど、様々な機会で花見に参加するかと思います。

しかし、

 

  • 花見ってあんまり好きじゃ、、、
  • そもそも、人がたくさんいるところが苦手、、、
  • ああいう、パリピ的なイベントが好きではない、、、

 

という人もいるかと思います。

私自身も、正直花見は好きではありませんでした、、、、

 

バイト先での花見では、社員さんの気を取りながらお酒を飲むものですから、楽しめるわけがありませんでした。

 

お酒を飲んで、テンションが上がるのは、

  • 上司
  • パリピ
  • 先輩

 

この人達のテンションと反比例して、後輩勢、地味メン勢はテンションがガタ落ちしていきます。

花見になると、どうして上司たちは、一気に人の気持ちが分からなくなるのだろうか。

 

逃げるは恥だが、役に立つ!?救世主クラフトビール君臨!!

 

昨年の花見でも、地味メンである私は、花見を楽しく思えず、自ら手を上げて買い出しに行くほどでした。(その場から逃げたかった、、)

 

そこに残る、新入社員の方達は悲惨だったな、、、

 

大型スーパーの酒売り場を見回したところ、ある商品が目に飛び込んで来ました。

それが、

 

クラフトビールでした。

 

私自身は、バイト終わりなどに、クラフトビールを買って、家で一人飲みをしていたのですが、他人とクラフトビールで乾杯したことは、ほとんどありませんでした。

 

というのも、20代でのクラフトビール認知率は非常に低く、少し値が張るクラフトビールは敬遠されがちでした。

 

しかし、その時の花見は、バイト先で、いつも飲んでいる人達よりも年齢層が高かったのです。

 

ほとんど根拠は無かったが、思い切って、アサヒスーパードライを買って来てと言われたにもかかわらず、ヤッホーブルーイングのクラフトビールシリーズを、人数分買っていきいました。

 

 

yohobrewing.com

 

 

会場に着くなり、恐る恐るビールを渡すと、

 

なんと、多くの人が興味を持ってくれて、あっという間に手に取ってくれました!!

 

飲んだ感想は、

「こういう味のビールもあるんだ!」

「ビールじゃないみたい」

「いつものビールに飽きた時に、クラフトビールを飲めば、一生ビールを飲み続けられる」

「学生くん、やるね〜」

 

などの、意見をいただけました。

(ありがとう、ヤッホーブルーイング、、、)

 

こんな意見がもらえるのも、30代後半の人たちも、半数以上が、

ほとんどクラフトビールを経験したことがなかったのです。

 

地味メンに対する態度の変化!?

 

クラフトビールをきっかけに、皆んなの私に対する対応が大きく変化しました。

 

それまでは、飲み物の片付けばかりを、

やらされていたのですが、それ以降は、

 

「いつからクラフトビールとか飲むようになったの?」

「普段は、どういったことをしてるの?」

「バイト楽しい?」

 

など、ビールに対する質問から、私自身に対する質問まで、

してもらえるようになったのです。

 

上司も人間!話すきっかけを与えよう!!

 

おそらく、年上の人たちは、新入社員などの若者と話すきっかけが無かったのかと思います。

しかし、私自身はそのことに気がつかず、知らぬ間に、

 

全て他人の責任にしていました。

 

 

それを救うきっかけが、クラフトビールだったのです。

 

正直、きっかけであれば何でもいいと思います。

 

きっかけ作りも難しいと思ってします人は、買出しでクラフトビールといった、意外性を出すことは、非常に簡単であると思います。

 

新入社員をはじめとした、花見での人間関係にお悩みのあなた。人との距離を縮めるのに、クラフトビールを使ってみてはいかがでしょうか。